■■■ ケータリングの実例  ■■■

社員食堂を中止してケータリングによる給食にしょう

福利厚生費の一環として会社自ら社員食堂及び給食を運営されている企業は、多々ありますが、社員食堂を中止し、どんな形態の給食をしたら良いか、提案したいと思います。当社ではその事例をお見せすることができます。

1. 利用者が1000名以上で一度に沢山の人が利用する場合
  小さなコンビにも附設できます


ケータリングによる食材提供と従来の食堂を縮小

(実例)

神奈川大学附属中高等学校

東芝

県立平沼高等学校

県立旭陵高等学校

川崎市立高津高等学校

ビクター中央林間


2. 現在の食堂を中止し
  ケータリングによる運営
(定食 そば うどん カラーライス 牛丼 等)

 

(実例)
東洋ガラス機械

関東学院大学

日通 町田

保土ヶ谷化学


3. 食堂を中止し、売店のみによる
  食事(給食)喫茶のアウトソーシング


(実例)

東芝

MM日揮工事

エクセルジャパン



4. 仕出し弁当を中心にした
  食堂運営


(実例)
オカムラ物流

SCE

古河電気工業研究所

国立某学校(1500食)

横浜油脂工業

(その他仕出し弁当顧客2000社)
エクサー
泉屋
アットホーム
株式会社東京電気工務所
昭和電工各協力会社
日清清粉株式会社
等々。



運営につきましては仕出し弁当を中心にした場合、各職場迄無料にて届けます。
売店及び食堂の運営についての光熱費は御社負担となります。
人件費のパート・アルバイト費は御相談させていただきます。
基本的に御社の厨房は使用しない事になります。
仕出し弁当・当社配達区域、川崎、二俣川、座間日吉を中心にその半径と横浜全域、登戸迄、東京、渋谷地区迄とします。
大口給食の場合、御社に人を派遣し、運営致します。
  お問い合わせTEL 044-276-0795迄
  info@joyfullunch.co.jp